• ホーム

荒賀文成×蝶野秀紀 二人展 2021/10/16(土)~10/26 (火)

荒賀文成×蝶野秀紀 二人展

秋本番の10月、荒賀文成さんと漆の蝶野秀紀さんの二人展を開催します。
使えば使うほど美しく育っていく荒賀さんの粉引。今回は秋らしくしっとりとした風合いの「ヒビ粉引」が初入荷となります。蝶野さんの漆器は、飽きのこないフォルムと扱いやすさが魅力。今回は花器も充実しています。生花だけでなく、蝶野さんご自身がセレクトしたドライフラワーと花器の組み合わせ、「ハナノウツワ」も登場する予定です。
こんな時代だからこそ、出番が多く、末長く付き合える器を。荒賀さんと蝶野さんの組み合わせも抜群の相性、店頭であれこれ組み合わせを楽しんでいただけたらと思います。

作品のご紹介(器まるかくブログ)
オンラインショップ(個展作品の一部を販売しています)

 


荒賀文成(あらが・ふみなり)

1972年  京都府生まれ
1993年  京都府立陶工高等技術専門校研究科卒業
1998年  北白川銀月アパートにて「荒楽窯」開窯
2008年  工房を滋賀県山中町に移転
2012年  京都府八幡に移転、現在に至る
これまでの作品(オンラインショップ)

蝶野秀紀 (ちょうの・ひでき)


2001年 石川県挽物轆轤技術研修所入学
2005年 同研修所卒業・石川県山中にて独立
2005年 工房息吹木ibuki設立
2009年 広島県に工房を移転


・最終日の10/26(火)は18時閉店とさせていただきます。
・営業時間変更などの最新情報は、Instagramでお知らせします。